履歴書に追加したい、6つのソーシャルメディアスキル

[say]こんにちは。木下賢一です。[/say]

ソーシャルメディアは、マーケティングの世界に新たに加わった最新かつ最大のものです。もしあなたが自分のスキルやテクニックを常に把握していなければ、あなたのコンテンツは他のものの雪崩の中に埋もれてしまう可能性が高いといえます。よって対策が必要です。

以下、あなたが把握しておくべき6つのシンプルなソーシャルメディアスキルをお知らせします。

履歴書に追加したい、6つのソーシャルメディアスキル

1.ソーシャルチャンネルごとの書き方を知る

すべてのソーシャルメディアのメッセージが同じように作られているわけではありません。あるチャンネルでは通用するものが、別のチャンネルでは通用しないこともあります。

例えば、TwitterやInstagramでハッシュタグを使う場合は良いですが、Facebookの投稿ではあまり意味がありません。それぞれのチャンネルで必要なメッセージタイプの違いを知ることで、他のメディアの中であなたのコンテンツを際立たせることができます。

2.ソーシャルメディアのアルゴリズムの知識を十分に持つ

ソーシャルメディアのアルゴリズムは、コンテンツを選別し、以前のコンテンツからのインタラクションに基づいて、ユーザーが最も見たいと思うと思われるものを表示するインテリジェントなシステムです。

ソーシャル ネットワークを運営会社の縄張りと考えましょう。運営会社には意図があります。その意図に沿ったソーシャルメディア対策が必要です。

例えば、YouTubeでライブビデオを行い、放映後のビデオを固定コンテンツとして、二次使用、三次使用させるプロモーションが可能です。動画の拡散はグーグルの期待するところです。(なぜならグーグルは広告収益が主業だから)

3.社会のトレンドやアイデアをキャッチアップできるようになる

ソーシャルメディアの状況は信じられないほど速いペースで変化します。熟練したソーシャルメディアマーケッター(一般的にはマーケッター)は、常に先を考え、社会がこの先どうなるのかを考えます。この先こうなるから、今こうしようと考えます。

4.すべてのソーシャルネットワークを追わない

新しいネットワークが登場するかもしれませんが、それが次のFacebookやTwitterになるわけではありません。

新しいネットワークに参加することがあなたのビジネスに最適かどうかは、マーケッターとしてあなた次第です。Pinterestがある会社ではうまくいっているからといって、それがあなたのビジネスにも通用するとは限りません。あなたのオーディエンスをフォローして、オーディエンスがいる場所にあなたを導いてくれるようにする必要があります。

5.マーケティング戦略を理解する

マーケッターが持たなければならないスキルは、ソーシャル戦略です。

ソーシャルメディアは、そのマーケティング対応の他のすべての1つのように、戦略的思考、計画、および実行を必要とします。他のチャネルに使うのと同じマーケティング方法論を適用し、それをソーシャル戦略に適用する必要があります。これには、オーディエンスの理解、素晴らしいコピーの書き方、アナリティクスの理解などが含まれます。

6.クリエイティブキャンペーンのコンセプトを生み出す方法を知る

膨大な量のコンテンツのなかで目立つためには、できるだけクリエイティブである必要があります。二ッチ分野をとことん掘り下げることも立派なコンセプトです。

まとめ

オーディエンス(広告メッセージの受け手)があなたのクライアント候補と一致するSNSを活用するのが大事