【アクティブリスニング】 人々が本当に言っていることを聞く

[say]こんにちは。木下賢一です。[/say]

聞くことは、あなたが持つことができる最も重要なスキルの一つです。どれだけ聞き上手になれるかは、仕事の効果や、他人との関係の質に大きな影響を与えます。

例えば

・私たちは情報を得るために聞きます
・理解するために聞くきます
・私たちは楽しむために耳を傾けます
・学ぶために聞きます

私たちが耳を傾けることを考えると、私たちは耳を傾けるのが得意なのではないかと思うでしょうが、私たちは聞いたことの25%から50%しか覚えていないという研究結果があります。つまり、あなたが10分間あなたの上司、同僚、顧客、または配偶者と話すとき、彼らは会話の半分以下に注意を払うことを意味します。

明らかに、リスニングは、我々はすべての改善から恩恵を受けることができるスキルです。聞き上手になることで、生産性が向上するだけでなく、影響力や説得力、交渉力も向上します。さらに、紛争や誤解を避けることができます。これらはすべて成功のために必要なことです。

今回はアクティブリスニングについてお知らせします。

【アクティブリスニング】 人々が本当に言っていることを聞く

アクティブリスニングについて

リスニングスキルを向上させる方法は、「アクティブリスニング」を実践することです。これは、相手の言っている言葉だけでなく、より重要なのは、相手が伝えようとしているメッセージ全体を聞き取ろうとする意識的な努力をすることです。

そのためには、相手に注意を払う必要があります。

周りで起こっていることに気を取られたり、相手がまだ話している間に反論をしたりしてはいけません。また、退屈して相手の言っていることに集中できなくなってはいけません。

ヒント
相手の言っていることに集中するのが難しい場合は、相手が言っていることを頭の中で繰り返し聞いてみましょう。

肯定の言葉には、うなずきや “うん “などの単純なものがあります。

必ずしも相手に同意しているわけではなく、単に話を聞いていることを示しているだけです。ボディランゲージやその他のサインを使って話を聞いていることを確認することも、注意を払うのに役立ちます。

あなたが必要とする情報を得ることができるように、彼が話し続けることを奨励するような方法で話者に応答するようにしてください。うなずいたり、「うん」とうなずいたりするのは興味があることを示していますが、時折質問やコメントをして話の内容を要約するのも、あなたが話を聞いていて、話を理解していることを示しています。

アクティブ・リスナーになる

より効果的な聞き手になるために使える、5つの重要なアクティブリスニングテクニックがあります。

1. 注意を払う

話し手に細心の注意を払い、メッセージを確認しましょう。非言語的なコミュニケーションもまた、大きな声で「話す」ことを認識してください。

・話し手を直接見てください。
・気が散るような考えは脇に置いておきましょう。
・精神的に反論の準備をしない。
・環境要因に気を取られないようにしましょう。例えば、横での会話など。
・話し手のボディランゲージに “耳を傾ける”。

2. 聞いていることを示す

自分のボディランゲージやジェスチャーを使って、参加していることを示しましょう。

・時折うなずく。
・笑顔を見せたり、他の表情を使ったりしましょう。
・姿勢がオープンで興味を持っていることを確認します。
・話し手には、”はい “や “うん “などの小さな言葉でコメントを続けるように促しましょう。

3. フィードバックをする

私たちの個人的なフィルター、思い込み、判断、信念は、私たちが聞いたことを歪めてしまうことがあります。聞き手としてのあなたの役割は、言われていることを理解することです。そのためには、何が言われているかを考え、質問をすることが必要になるかもしれません。

・言い換えて、言われたことを振り返ってみましょう。
・特定のポイントを明確にするために質問をしてみましょう。
・定期的に話し手のコメントを要約します。

4. 判断を先延ばしにする

中断は時間の無駄です。話者をイライラさせ、メッセージの完全な理解を妨げます。

・質問をする前に、話者が各ポイントを終えるのを待ちましょう。
・反論で話を中断しないようにしましょう。

5. 適切な対応をする

アクティブリスニングは、尊敬と理解を促すためのものです。あなたは情報と視点を得ています。話し手を攻撃したり、相手を貶めたりすることは控えましょう。

・率直に、オープンに、正直に答えましょう。
・自分の意見を尊重して主張しましょう。
・相手が接したいと思うような接し方をしましょう。

まとめ

積極的な聞き手になるには、多くの集中力と決意が必要です。

もしあなたのリスニングスキルが多くの人と同じように悪いものだとしたら、その悪い習慣を断ち切るためにはかなりの努力が必要になります。アクティブリスニングのスキルを身につけるために使える5つの重要なテクニックがあります。

[list class=”list-raw”]

  • 注意を払う
  • 傾聴していることをしめす
  • フィードバックする
  • 判断を先延ばしする
  • 適切に対応する

[/list]
アクティブリスニングのテクニックを今すぐ使い始めて、より良いコミュニケーターになり、職場の生産性を向上させ、より良い人間関係を築くようにしましょう。