自分を売り込むためのパーソナルブランドの作り方

[say]こんにちは。木下賢一です。[/say]

かつては、パーソナルブランドを作るといえば、何枚もの名刺を作り、クリエイティブな人はグラフィックデザイナーを雇ってロゴを作ることでした。

しかし、ソーシャルメディアの発達と、ますます個人化が進む社会では、自分の周りに構築するブランドこそが、自分の影響力を際立たせるための最も重要な方法となりました。

今回は、自分を売り込むためのパーソナルブランドの作り方をお知らせします。

自分を売り込むためのパーソナルブランドの作り方

パーソナルブランドの定義とは、オーディエンスを知ること

あなた自身のパーソナルブランドを定義しようとしている場合、まず、あなたが構築したい印象とターゲットとしたい市場を考慮する必要があります。この2つはどこで交差しているのでしょうか?それぞれ何を求めているでしょうか?それぞれがどんな問題を抱えているでしょうか? クライアントのために最高のものを提供できればあなたは成功するでしょう。

売ることが目的ではない

パーソナルブランディングとは、販売することではありません。それは、他の顧客や仲間に自分自身を利用できるようにすることです。Facebook、Twitter、LinkedIn、Instagramなどのソーシャルメディアのプラットフォームにアクティブなアカウントを持っていることを確認してください。

オフラインでも貫く

パーソナルブランディングはインターネットに縛られるものではありません。家を出て街中の人と交流するときには、自分のブランドに沿ったポジティブでプロフェッショナルな外見を保つようにしましょう。名刺を常に持ち歩き、潜在的な顧客に目を配りましょう。

一貫性が鍵

パーソナルブランディングを成功させるための重要な要素の一つは、あなたのブランドに忠実であり続けること(つまり、一貫性を保つこと)です。クライアントは、あなたのブランドに何度か遭遇すると、あなたのブランドを認識し始めます。途中でイメージを変えてしまうと、クライアントは混乱してしまい、信頼することをやめてしまいます。

まとめ

パーソナルブランディングは一貫性が大事