プロフェッショナルサービス企業のためのブランド構築戦略トップ5

こんにちは。木下賢一です。

ブランドは、新規顧客を獲得し、プレミアムな料金を支払い、最高の人材を引き付け、維持するのに役立ちます。しかし、企業はどのようにして強力なブランドを構築しているのでしょうか?

この記事では、プロフェッショナル・サービス・ファームに最適なブランド構築戦略をご紹介します。

まず、ブランド構築戦略とは何かを定義することから始め、それがどのように機能するのかを説明します。この記事に加えて、プロフェッショナル・サービス・ファームのための完全なブランド構築ガイドを参照することを忘れないでください。

プロフェッショナルサービス企業のためのブランド構築戦略トップ5

ブランド構築戦略の定義

ブランドの正式な定義は数多くあります。多くは、クライアントとのすべての相互作用と会社の認識の総和としてブランドを定義しています。しかし、実際の問題として、プロフェッショナル・サービス・ブランドの強さは、単に会社の評判とターゲットとなる顧客グループ内での知名度を掛け合わせたものであると考えることができます。

ブランドには、考慮すべきもう一つの側面があります:ターゲットとなる顧客グループとの関連性です。重要なクライアントの問題を解決するために関連性のあるサービスを提供していると見られていない会社は、より弱いブランドを持っている傾向があります。

このように考えると、効果的なブランド構築戦略は、企業の評判を向上させ、関連性を高め、ターゲット顧客への認知度を高めるのに役立ちます。最良の戦略は、この3つすべてを実現しています。

トップブランド構築戦略

ここでは、あなたのブランド力を効果的に高めるためのトップ5の戦略をご紹介します。

1. コンテンツマーケティングにコミットする

コンテンツマーケティングでは、潜在的なクライアントやインフルエンサーに有益な情報を安定的に提供することが求められます。プロモーションではなく、教育的なものと考えてください。関連性、評判、知名度を重視します。

時間の経過とともに、潜在的なクライアントは、あなたが作成したコンテンツを通じて、あなたがどのように問題にアプローチしているかを知り、あなたの会社への信頼を深めていきます。彼らが支援を必要とするとき、あなたの会社は彼らのリストの最上位に位置しています。

コンテンツマーケティングは、クライアントを説得したり「売り込む」のではなく、価値あるものを共有することでクライアントを獲得することに依存しています。このように、コンテンツマーケティングは、リードを生み出すだけでなく、ブランドを構築するのにも最適な戦略です。

2. 顧客から見たわかりやすい専門家像の開発

多くの企業が専門家を擁していますが、対象となる顧客グループに影響力を持ち、知名度の高い企業はほとんどありません。その場合、注目度の高い専門家を意図的に1人以上育成することで、企業は自社ブランドの力を飛躍的に高めることができます。

ビジブルエキスパートのパーソナルブランドの強さは、「ハロー効果」と呼ばれる心理学的原理によって会社全体に伝わります。大学がノーベル賞を受賞した教授陣を擁することで名声が高まるのと同じように、プロフェッショナルサービス企業も、全国的に知られた知名度の高い専門家をチームに擁することで利益を得ることができます。

3. 一流のパートナーを育てる

著名な組織と提携して重要なプロジェクトを請け負うことも、貴社のプロフェッショナルサービスブランドを構築するための実績ある戦略の一つです。有名な大企業や業界団体などがパートナー候補になります。ここでのアイデアは、あなたの会社と同じような聴衆を持っているが、競合するサービスを提供していないパートナーを見つけることです。

パートナーになるということは、単にイベントのスポンサーになるということではありません。スポンサーシップはブランド構築戦略としてよく考えられていますが、プロジェクト・パートナーシップよりもコストがかかり、効果も低いため、このリストには入れません。

その代わりに、一緒に研究プロジェクトを行ったり、特別な教育プログラムを開始したりすることを考えてみましょう。革新的で注目度の高いプロジェクトは、混雑したスポンサーシップバナーのロゴよりも際立っており、はるかに強力なブランド構築戦略となります。

4. ハイプロファイルなクライアントとケースストーリーを求める

成功しているプロフェッショナル・サービス・ファームの中には、単一のネームブランドのクライアントや有名なケーススタディで作られた評判の上に成り立っているところがたくさんあります。組織的に知名度の高いクライアントを探し出し、広く共有できる劇的な結果を出すことに投資するのであれば、それは素晴らしいブランド構築戦略と言えるでしょう。

もちろん、誰もが一流のクライアントと素晴らしい成果を求めています。しかし、その欲求を現実のものにするための計画と投資を行っている企業は驚くほど少ないものです。

例えば、注目度の高いクライアントを獲得したとしても、その契約によって仕事の宣伝ができなければ、ブランド構築の機会は失われてしまいます。また、同様に、例外的な結果を出すためにエンゲージメントに投資するのではなく、その範囲内に留まることに重点を置くこともあります。結果を出すことをブランド構築戦略とすれば、このようなミスは起こりにくくなります。

お知らせお知らせ

5. ソーシャルメディアを支配する

今日、プロフェッショナルサービス企業が利用できる最も活用度の高いブランド構築戦略の一つは、ソーシャルメディアです。現在では、あらゆるタイプのビジネスがLinkedIn、Twitter、YouTubeなどのソーシャルツールの常用者になっています。

多くのターゲット顧客グループの中で主要なオンラインボイスになることはまだ可能です。なぜなら、多くのコンサルティング会社がソーシャルメディア活動に本気になっていると言えないからです。ですので、今なら、多くの小さな会社や個人専門家が、強力なオンラインブランドを確立することができます。

従来の対面式のネットワーキングはまだ重要ですが、オンラインでのアプローチに関連した時間とコストの節約を考えてみてください。強力なソーシャルメディアの存在は、それを実現するための素晴らしい戦略です。

まとめ

ほとんどの場合、総合的なブランド構築戦略としては、これらのトップ戦略のいくつかを組み合わせたものが最適です。例えば、コンテンツマーケティング戦略は、強力なソーシャルメディアの存在感と自然に適合しています。ソーシャルメディアは、コンテンツを広めるための完璧な方法となり、コンテンツはオンラインでの議論のための素晴らしい素材となります。