パーソナルマーケティングプランを6ステップで作る方法

[say]こんにちは。木下賢一です。[/say]

新しいチャンスを求めているのであれば、今の仕事に一生懸命取り組む必要があることは誰でも知っています。しかし「なぜ一部の人々だけが、いつも上手くいくのだろう」と不思議に思ったことはありませんか?

彼らはいつもチャンスが訪れた時に、ちょうど良い場所に、ちょうど良いタイミングでいることが多いのです。確かに彼らは一生懸命働き良い仕事をしています。でも、あなたを含め多くの人がそうです。

では、他の人たちとの違いは何なのでしょう。
その答えは マーケティングです。

経験豊富なビジネスマンは、単に一生懸命働いて、受け身でチャンスの到来を期待しているだけではダメだということを知っており、マーケティングの重要性を理解しています。

今回は、パーソナル・マーケティング・プランを6ステップで作る方法をお知らせします。

記事をご覧になるメリットは次の通りです。
[list class=”ol-circle li-accentbdr acc-bc-before”]

  1. パーソナルマーケティングプランの作り方がわかります。
  2. 計画実行の際のつまづき対処法がわかります。
  3. しっかり実行するとあなたの市場価値が高まり収入が増えます。

[/list]

自分自身が商品

仕事環境が複雑にそして変化が加速する中で、自分を売り込むために必要なスキルを身につけることの重要性はますます高まっています。どんなに優秀で有能な候補者であっても、市場は買い手市場であることを忘れてはなりません。

自分自身を「商品」と考え、自分の知識、スキル、能力を雇用主に提供する「サービス」と考えてください。自分が「顧客」に提供する専門知識を見極めるのは、あなたの義務です。

あなたのパーソナルマーケティングプラン

自分自身をマーケティングするプロセスは、あらゆる製品やサービスを促進するために設計されたマーケティングプランと多くの類似点があります。ビジネスのマーケティングプランをベースにしたこの6ステップのパーソナルマーケティングプランテンプレートをガイドとして使用してください。

1.あなたのユニークな価値提案を定義する

成功している営業マンは、顧客が競合他社の製品ではなく、自社の製品を買うべき理由を説明する方法を知っています。同様に、自分が他の方と何が違うのかを理解することから始まります。あなたのユニークな価値提案を定義するためには、以下のことが必要です。

私はその他大勢とどう違うのか
自分の才能(適性)、興味、性格の好み、価値観は何か?
自分が持っている知識・スキル・能力は?
自分の最大の成果は何か?

どのような役割が自分に最も適しているかを考えてみてください。あなたはジェネラリストなのか、スペシャリストなのか。信頼できる同僚、家族、友人からの意見を求めるのもありです。

2.マーケティング目標を設定する

目標を達成するためのマーケティングメッセージを作成するためには、目標を明確にする必要があります。半年後にどこにいたいか? 1年後、5年後は具体的に何を達成したいのか?

3.パフォーマンス指標を確立する

あなたが目標達成に向かっていることを示す客観的な指標が必要です。
測定可能で現実的な具体的な目標を設定し、期限付きのタイムラインを設定しましょう。

4.自分の状況についての情報を集め、分析し、解釈する

SWOTはStrengths, Weaknesses, Opportunities and Threatsの略です。SWOT分析は、構造化された戦略計画モデルであり、プロジェクトやビジネスベンチャーによく使用されます。

キャリア管理や個人的なマーケティングの目的でSWOT分析を使用することができます。自分の強みと弱みを評価する。競争相手に対してどのように積み上げていくのか?外部からの機会と脅威を特定する。どのような傾向があなたとあなたのキャリアにポジティブにもネガティブにも影響を与える可能性があるのか?

5.ターゲット市場を特定する

あなたやあなたの能力、職業上の目標を知る必要があるのは誰でしょうか?ターゲット市場には、メンター、人事担当者などが含まれるかもしれません。または、組織の外にもアウトリーチを広げることができるかもしれません。

6.ターゲット市場へのプロモーションを展開する

プロモーションとしては次のような展開が考えられます。

・全社的なタスクフォースにボランティアとして参加する。
・専門機関でリーダーシップや委員会の役割を担う。
・教育イベントに出席したり、発表したりする。
・専門出版物に記事を書く。
・業界に関連したテーマでミーティングを開催する。
・ソーシャルメディアを更新する。
・意識的かつ意図的にネットワークを構築し、育成する。 など

定期的にマーケティングを見直し修正する

あなたのマーケティングメッセージは簡単に理解されていますか?何がうまくいっているか?何がうまくいっていないのか?何をやり始めるべきか、何をやめるべきか、何か違うことをする必要があるのか? を確認します。

まとめ

パーソナルマーケティング計画のドラフトができたら、少なくとも3人の尊敬する人(メンター、同僚、配偶者など)と話し合ってみましょう。彼らのフィードバックや提案を取り入れて、実行に移しましょう。進捗状況に応じて、結果を評価し、それに応じて計画を修正し、成果を実現します。