パーソナルブランディング:基本、目標、戦略、事例、ヒント

こんにちは。木下賢一です。

パーソナルブランディングの基本的な考え方は目新しいものではありません。長年にわたり、インターネット上には、プロとして成功するためのヒントや、プライベートを充実させるためのヒントを提供する印刷媒体やガイドが数多く存在しています。しかし、デジタルの変化は、自分自身を自分のブランドとして位置づけ、自分の目標に必要な注目を浴びるための新たな可能性と多様な可能性を切り開いています。

今回は、パーソナルブランディングについて、基本、目標、戦略、事例、ヒントをお知らせします。

デジタル時代におけるブランドの創造とブランド保護の重要性

ブランドとは何か?

純粋に法的な観点から見ると、商標法によれば、ブランドは商標です。これは、商品を識別するために使用される名前や記号、ロゴであっても構いません。一般的に、ブランドとは、それぞれのブランド名やブランドマークが消費者に喚起すべきすべてのアイデアの総体です。ブランドは製品にアイデンティティを与えます。そしてブランドに対する考え方は、様々な表現が可能です。

  • 名前
  • 条件
  • キャラクター
  • ロゴ
  • シンボル
  • 三次元形状

ブランドはメッセージを凝縮して象徴化し、特定の価値観を表し、感情を喚起します。

パーソナルブランディングとは?

パーソナルブランディングとは、「個人のブランド」と訳されています。パーソナルブランディングは、企業やその製品(コーポレートブランド)などの組織やプレゼンテーションの形ではなく、個人としての人間に焦点を当てています。パーソナルブランディングの他の一般的な用語としては、「セルフマーケティング」や「ブランドミー」などがあります。このように、パーソナルブランディングにおけるブランドの内容や規範や価値観は、企業の商品やイメージではなく、個人の個性や評価に基づいています。

パーソナルブランディングという言葉が初めて使われたのは、ナポレオン・ヒルの名著「Think and Grow Rich」から60年後の1997年、米国の経営コンサルタントであり経営コーチでもあるトーマス・J・ピーターズ氏によるものでした。人は誰でも、自分の性格、能力、実績、成果を広く一般の人に発表する機会があります。自社ブランドは、以下のような基本的な側面から構成されています。

  • 明確なメッセージ
  • 個性的なスタイル
  • それぞれのターゲットグループに質的に関連性のあるコンテンツ
  • 選択されたテーマ領域での独占的な地位
  • 差別化された弾力性のあるネットワーク

基本的にパーソナルブランディングとは、次のような問いに対する答えを見つけることです。

  • 自分のブランドはどうやって世間に認知されるべきなのか?
  • トピックのどの側面または焦点が、ターゲットグループまたは一般の人々に積極的に伝えられるべきか?
  • 自社ブランドを通じた具体的なビジョン・価値観・基準、目標・関心事はどれか?

注意しなければならないのは、パーソナルブランディングは万能薬ではなく、すべての人に適しているわけではないということです。自分をうまく売り込むためには、毎日集中的に人との接触を求めなければなりません。そのためには、他人に近づくことが必要であり、そのためには常に新しい状況に適応する必要があります。このような理由から、外向的な人は内向的な人よりも自分自身を売り込むことが一般的に簡単です。

しかし、これは後者が自分のブランドをうまく構築できないということではありません。その好例が、マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツです。若い頃は不安がちで、世界で最も成功した企業の一つの創業者として大きな功績を残したにもかかわらず、他人に対して内向的でした。

もっとも外向的な人ほど成功しやすいでしょう。2011年に亡くなったアップルの創業者スティーブ・ジョブズは、強烈な個性を持ったクリエイティブマインドを持っていました。現在では、パーソナルブランディングやブランディング、マーケティング戦略を語る際に、スティーブ・ジョブズを代表例に挙げられることが多い。

インターネット上での個人ブランディングにおける目標と機会

フリーランサーなどの職業に就いている人の多くは、群衆の中から目立つためにセルフマーケティングを利用しています。認知度を上げたり、イメージを良くしたり、引き合いを出したり、さらには受注に結びつけることができます。そして、もちろん採用でもパーソナルブランディングは活用されています。自分を明確に定義して、インターネット上でポジティブなイメージでブランディングが成功すれば、内定を得る可能性が高まります。

検索エンジン最適化のためにもパーソナルブランディングは重要です。人を含めたブランドの評判をランキングの基準にしています。Googleは、専門知識、権威、信頼性に応じてコンテンツを評価しています。これは、Googleの品質アドバイザーが行っています。専門性、権威、信頼性が高いと評価されたコンテンツは、より良いランキングを獲得することができます。

そして、ある運営者が品質評価者に評価された記事を多数掲載していれば、Googleの視点から見ても運営者の評価は高くなります。

パーソナルブランディング戦略

個人のブランディング戦略に正解も間違いもありません。目的に応じて、それに合わせた戦略が求められます。肯定的な評判を構築することは、あらゆるパーソナルブランディング戦略の中心となります。個人ブランディングの大きなチャンスは、企業やその製品よりも、一人の人間の方が親近感を得やすいという事実にあります。

より多くの人にとって、インターネットやソーシャルメディアの利用は日常生活の一部となっています。ソーシャルネットワークでは、人々はプライベートでも仕事でも活動しています。プライベートと仕事の境界線がはっきりしません。前向きな評判は、自分の能力に対する他人の信頼を強めます。個人との関係では、ポジティブな評判は、インターネット上での自分のプロフィールを研ぎ澄ますのに役立つということです。その人は専門家と認識されているので、評価が低い人よりも信頼される可能性が高くなります。

この個人的な評判は、この人と関係のある企業や製品にも影響を及ぼします。そして、その企業や商品は大きな恩恵を受けることができます。そのような人々は、企業にとって本当のマーケティングチャネルとなっており、専門家へのターゲット開発は、多くの企業の議題となっています。

適切な戦略の一部は、ターゲットグループの定義であり、したがって、対策の決定です。ターゲットグループに到達するためには、どのようなトピックを取り上げなければならないのでしょうか?どのようなコミュニケーションチャネルやフォーマット(例えば、専門的な記事、ソーシャルメディアへの投稿、ビデオ、講演会など)を通じて、ターゲットグループに最もよく到達するのでしょうか?

できるだけ多くのチャンネルやフォーマットを使用するよりも、適切なチャンネルやフォーマットを集中的に使用することが望ましいと言えます。1つのチャンネルでしか専門家としての地位を得られなかった人もたくさんいます。どこにいても存在感を出したいと思っていると、チャンネルごとの視認性が低くなってしまうため、例えばTwitterでフォローしてくれたり、YouTubeチャンネルを購読してくれたりするコミュニティを構築することが難しくなります。

ネットでの評判を上げるための基本

基本的には、ネット上ではプロの真面目な姿がおすすめです。独自のブランドを構築することになると、最新では、プロフィールと外観はそれぞれの要件に沿ったものでなければなりません。

デジタル時代は、とりわけ、演出やメディアの自己表現の時代でもあります。インターネット上の検索エンジンは、今日の世界で最大かつ最も関連性の高いデータフィルターです。その使い方によって、その人がネット上でどのように受け止められているかが決まります。全くの専門家とみなされ、その後、自分のブランドに昇格することができるようにするためには、インターネット上での専門的で統一されたプレゼンテーションは、永続的な成功のための前提条件となります。

私たちは皆、ネットで人をググって、その結果をもとに「この人はこういう人」というイメージを形成しています。このように、パーソナルブランディングでは、検索結果にポジティブで明確な自分のイメージを作るために、SEO対策も含まれています。このことの妥当性は、また、目標とターゲットとなるグループによっても異なります。

もちろん、ソーシャルスキルも重要です。一方では、人脈作りや人脈作りのために、そしてもちろん、いずれ来るであろう公開討論のために、話す力も必要です。批判的ではなく、議論の中で冷静さを保てない人は、自分自身のためにパーソナルブランディングを考え直すべきです。

インターネットでは、ネット上の評判を的を射た形でコントロールできる可能性があります。これはまた、ソーシャルネットワークおよびあなた自身のブログのプロファイルのネットワークを介して構築することができるネットワークを構築することも含まれます。そうすることで、注目度が生まれ、自分のリーチを増やすことができます。実際のターゲット層を超えて影響力を高めることは、威信を高めることにもつながります。

インターネット上での自社ブランドの実施

  • 自身の知識やスキルの発揮
  • 自身の技術的・職業的プロフィールの研ぎ澄まし
  • 自分の能力や強みを重視する
  • 新しい知識の習得
  • この新しい知見をもとにした新しいアイデアの開発
  • 新技術
  • 各分野の専門家への育成
  • 同じ志を持つ人、支援者、推進者のネットワーク構築
  • 人との交流。インスピレーションと刺激
  • 影響力を得て尊敬を集める
  • メディアの存在感を高める

パーソナルブランディングやレピュテーション向上のための対策

パーソナルブランディングは複雑で、時間もかかりますし、自分の立ち位置を決めたい分野では高度なノウハウが必要になります。パーソナルブランディングを推進するための具体的な施策をご紹介します。

  • 専門的な記事の発行(オンラインとオフライン)
  • 電子書籍やホワイトペーパーの発行
  • 本を書く
  • ニュースレターを出す
  • ソーシャルメディアのプロフィールを設定し、関連性のある有益なコンテンツでソーシャルメディアチャンネルを運営する
  • 他の業界の専門家とのネットワーク作り(ソーシャルメディアだけでなく、個人的にも)
  • 自分のブログを運営する
  • YouTubeで動画を公開
  • フォーラムでの支援やディスカッションへの積極的な参加
  • 発表会を開く
  • 新しい革新的な方法、コンセプト、技術、システムなどを開発する
  • ワークショップとウェビナーの提供
  • 講義を行う
  • インフォグラフィックを作成して公開する
  • 取材を受ける
  • ソーシャルウェブ上のブログ記事や記事にコメントをつける
  • ケーススタディ/ベストプラクティスの公開
  • 支援と問題解決策の提供

これらすべての点で、それぞれの記事が書けるボリュームとなります。

ネット上でのプライベートラベルのデメリットとリスク

間違ったトピックの選択

自分で選んだ地域でプライベートレーベルを立ち上げようとすると、失敗することがあります。トピック領域やフォーカルポイントが慎重に選択されていないと、トピックが認識されません。

間違ったコミュニケーションチャネルの選択&コミュニケーションフォーマット

一方で、誰もが自分を専門家として提示する機会があるとすれば、一方では、以前は有名だった専門家のブランディングが低下する可能性があります。これは、これらの専門家がプライベートブランドとして積極的に自分たちを売り込むことを拒否したり、間違ったコミュニケーションチャネルを選択することで、彼らの声が限られた範囲にしか聞こえない場合に起こり得ます。

ブランドがコミットするという事実は、考慮しなければならない状況です。レピュテーションや上記のフォローアッププロセス(ネットワーク構築など)を構築するためには、継続的かつ協調的なコミュニケーションが重要です。自分の好みに対応したコミュニケーションチャネルを選ぶものの、ターゲットグループの好みに対応できない場合は、ターゲットグループに価値が伝わりません。そのため、パーソナルブランディングによるポジティブな効果が発生しません。

個人のリブランディング – 失敗から学ぶ

新ブランドの定義

プロとしての方向性を変え、自分のブランドを再発明したいなら、個人的なリブランディングが必要です。個人ブランドを再構築するために、最初のステップは、最初の試みが思うように行かない決定的な理由を詳細に検討することです。批判的な自己反省の中で、特に次のような質問に答えなければなりません。

  • 私は何を伝えようとしたのか?
  • 他の人は私の性格をどのように受け止めてくれているのか、また、私の性格の発表をどのように受け止めてくれているのか。
  • どんな(間違った)信号やメッセージを伝えたのか?

このように集中的にポジションを固定した後、次のステップは新しいブランドを構築することです。

イメージチェンジの解説~信憑性のある話の重要性

イメージチェンジは、まとまりのある文章で実施すること。面白くて信憑性のあるストーリーを語るべきです(「ストーリーテリング」は後述)。新たなスタートは正当化ではなく、目標を明確にした計画的な出発のアナウンスを伝えるべきです。また、変更されるソーシャルネットワーク内のプロファイルを準備することをお勧めしますし、実装が迅速に行うことができるような方法でウェブサイトへの適応を変更する。

イメージチェンジのプレゼンテーション

新しいプライベートレーベルの立ち上げに向けて、新しいイメージをお馴染みのチャンネルと新しいチャンネルの両方でネット上で発信していきます。さらに、WebサイトのデザインやSNSのプロフィールをビジュアルに変更し、新鮮さと躍動感を表現します。さらに、我慢することが非常に重要になります。せいぜい数ヶ月でイメージチェンジが行われますが、特定の状況下ではもっと長い時間がかかることもあります。

ストーリー性のあるプライベートレーベルの開発

ストーリーテリングは、ターゲットに届くように興味を持って情報を準備し、記憶に残すために、ターゲットグループへの対応に使われることが多くなってきています。日常生活での実話や逸話、体験談などがここで使えます。しかし、ストーリーテリングでは、構築された物語も可能です。

ストーリーテリングがそれぞれの目的を果たすのに役立つならば、情報や物語の送り手と受け手の間に強い絆を築くのに役立ちます。人が自社ブランドに加えて自社製品を販売する場合、ストーリーテリングは顧客のロイヤリティを促進することができます。なぜなら、面白い話は常に人を鼓舞してきたからです。

ストーリーテリングの第一歩は、ターゲット層が何を知覚すべきかを考えることです。物語の基本パターンが常に対象者の生活世界に位置していることが重要です。第二のステップは、どのストーリーをどのように(どのチャンネルを経由して)配置するかを考えることです。面白い話は、人(またはブランド)の本物のイメージを伝え、一方で、話は一部の加筆者に無意識的な影響を与え続けています。

書き言葉の他にも、顔の表情や身振り手振り、ストーリーテリングでの声など、個人的な表現があります。ストーリーテリングは、言葉や文章だけではありません。写真や動画でも物語を伝えることができます。スウェーデンの有名家具店のカタログを見てみましょう。小ネタ満載のリビングにソファセットがあることがわかります。カーペットの上には開いた児童書、ソファの背もたれには毛布、そしてもちろんソファのテーブルの上にはタブレット。ここでは、絵が感情を呼び覚ます多くの物語を語っています。

芸能人のパーソナルブランディングを成功させる

映画界やスポーツ界の著名人は、その技術やパフォーマンスだけでなく、興味深いストーリーを通じて、それぞれのターゲット層の記憶の中に自分自身を定着させることができます。有名人の生活の実態は、「一般」のプロとは根本的に異なることもありますが、それぞれのターゲット層への対応など、一般的なプロの世界でも応用できる基本的な戦略がいくつかあります。

パーソナルブランディングの例

ハイディ・クルム – 力を持つビジネスウーマン

ハイディ・クルムは、元ヴィクトリアズ・シークレット・モデルとしての評判から利益を得ている。彼女はビジネスの才能があり、このビジネスの洞察力と高いメディアでの存在感を兼ね備えており、ドイツのリアリティTV形式のキャスティングショーのプレゼンター兼メイン審査員、アメリカのファッションデザインを中心としたキャスティングショーの審査員を務めるなど、国際的なメディアでの存在感を高めています。

クラムはまた、国際的な名声を利用して、ブランド名の一部としてドイツ人の名前を含む製品を販売しています。いつも幸せそうな印象を与えてくれる万能パワーウーマンです。

パーソナルブランディングの例

ステファン・ラーブ – テレビ番組は彼の物語を語る

テレビキャスターのステファン・ラーブ他の人を驚かせることを楽しんでいます。しかしラアブは 野心家で一貫性があり、負けず嫌い。これらの資質は、彼のエンターテイメント番組で特に顕著に表れています。

パーソナルブランディングの例

ボリス・ベッカー – スキャンダルにもかかわらず本物のテニスの専門家

数々の失態や不祥事があったにもかかわらず、ボリス・ベッカーは今でもテニスの専門家やコーチとして認められています。元テニスのプロは広告媒体としても注目されています。ストーリー性に関して言えば、ベッカーは様々なソーシャルメディアのチャンネル、特にショートニュースサービスのツイッターを介して非常に積極的に活動していると言えます。さらに、元世界トップクラスの選手は、「ボリス・ベッカー-TV」を介して彼の人生に興味を持った一般の人々の洞察力を与えています。このようにして、ベッカーは視聴者を彼の人生に「参加する」ように誘います。

様々な分野からのパーソナルブランディングの例

特にネットマーケティングでは、パーソナルブランディングでブランドや企業、商品の評価を強化する人が多いです。よくあるのは、会社のオーナーや常務取締役が専門家として会社を代表していることです。しかし、社員もこの役割を引き継ぎ、企業のパーソナルブランディングや評判をサポートすることができます。

セバスチャン・ソシャ – ローカル検索エンジン最適化のSEOプロフェッショナル

セバスチャン・ソシャはWinLocal.deの製品開発責任者であり、ソーシャルウェブでも活躍中。ブログやソーシャルウェブでの記事を通じて、彼はローカルSEOの専門家としての地位を確立しています。ローカル検索エンジン最適化の講演者としても活躍中。

ニコ・ゾーン – メールマーケティングの専門家

ニコ・ゾーンは、Saphiron Digital Strategy Consultantsの共同設立者であり、パートナーでもある。メールマーケティングとコンバージョン率最適化の専門家として認められている。スピーカーとしても大活躍。会社は、彼の専門家としての評判とリーチから利益を得ている。

ニーナ – ITとインターネットの弁護士

評判と個人のブランディングは弁護士にとって重要であり、ニーナはまた、これを認識しています。デジタル環境における契約書・契約書作成、デジタル企業コミュニケーションにおける法律を専門としています。ソーシャルメディア法ブログの創始者であり、ソーシャルメディアや法律関連の話題を定期的に執筆している。他のブログやネットマガジンにも記事を掲載している。講演者としても活躍しており、専門分野に関連したテーマで講演を行っている。ソーシャルメディアや法律に関連する話題をインターネットで検索すると、彼女のブログの記事が出てくることが多いです。

まとめ

パーソナルブランディングには多くの可能性があり、さまざまな目標を追求することができます。しかし、専門家や有名人の地位を持つ人を作り上げることは、多くのコミットメントを伴う長い道のりであり、事前に十分な計画を立てる必要があります。