従前の本籍(出生当時の戸籍や婚姻前の戸籍など)はどのように確認するのですか。

相続等の手続きをする場合、出生から死亡までの戸籍が必要となる場合があります。これは、相続人を確定するためにその戸籍に記載されている婚姻・縁組等の身分事項を確認するためです。婚姻・縁組・転籍等で本籍が変更になっている方は、従前の本籍・筆頭者が記載されていますので、それを順次遡ることによって出生から、死亡までの戸籍が整うことになります。