謄本と抄本の違いは何ですか。

謄本は、原本の内容をそのまま証明したものです。

抄本は、原本の内容の一部を証明したものです。

  • 戸籍謄本なら、その戸籍に入っている全員が記載された内容のものになります。例えば、筆頭者がいて、妻がいて、子どもが2人いるとすれば、戸籍にはその4人が記載されています。謄本はその全部を証明したものですから、4人全員分が記載されているものが戸籍謄本です。戸籍謄本を交付請求するときは、本籍、戸籍の筆頭者の氏名を記載してください。
  • 戸籍抄本なら、ある一つの戸籍の一部(通常1人分)を証明したものになります。戸籍抄本を交付請求するときは、本籍、戸籍の筆頭者及び必要とする方の氏名を記載してください。