他人の戸籍証明を発行してもらえるのでしょうか。

正当な理由がないと発行できません。また、本人に依頼されて代理で請求する場合は委任状が必要です。

正当な理由にあたるものの例

  • 債権者(金融機関、不動産賃貸事業者等)による死亡債務者の相続人特定の場合
  • 生命保険会社による保険金受取人である法定相続人を特定する場合