その4.部下の効果的な教育方法がわからない。

長年のマネジメントの観察から、多くの従業員は本当に誠実で、成長を望んでいます。彼らは自分から積極的にスキルアップを図ろうとします。しかし、時として社内のコミュニケーションのギャップや方針の不透明さから、やる気を維持するのが難しくなることがあります。

会社の存在意義や将来の方向性、そしてその中での従業員の役割は明確にしなければなりません。これにより、経営戦略の見直しと実行がキーとなるでしょう。まずは、会社のビジョンをしっかりと定めることが大切です。