その5.いつまでたっても部下が成長しない。

「成長」という言葉の意味合いをしっかりと理解することが第一歩です。例えば、もし各メンバーが経営的な視点を持って仕事を進めることを「成長」と捉えるのであれば、経営者はまずそのビジョンや価値観をクリアに共有することが大切です。これにより、メンバーは方向性を持って学びを進めることができます。

また、経営者や上司が部下に「自分の判断で行動する」ことを期待する場合、それがどのような行動を意味するのか、期待する役割とともに伝えることが鍵となります。