その36.経営にビジョンは本当に必要でしょうか?

経営者としての役割は、会社の未来を描き、それを実現するための方針を示すことです。ビジョンは、その目指す未来への指針となり、従業員一人一人が同じ目的のもとで働く助けとなります。もしビジョンが存在しなければ、各々が異なる方向へ進んでしまうかもしれません。結果的に、経営は難航し、目的地にたどり着くことは難しくなります。明確なビジョンを持つことで、経営の方針がハッキリとし、経営者としての負担も軽減されるでしょう。