遺言書をつくりたい。

遺言とは、あなたが亡くなった後に子どもたち等が困ったり争うことがないよう、想いを書面に遺し、あなたの希望を相続人に伝えることができるものです。
遺言には、本人が作成する「自筆証書遺言」、公証人に作成を依頼する「公正証書遺言」、亡くなるまでは内容を秘密にできる「秘密証書遺言」の3種類があります。行政書士は、これら全ての遺言書作成の相談、原案作成などの支援を行います。
自筆証書遺言は、自分で気軽に作成できる反面、全てを自書しなければならないなど要件が厳しく、無効になってしまうこともあります。
財産目録を添付する場合には、財産目録は自書でなくともよく、パソコン等での作成が可能になります。しかし、それ以外の部分は自書が必要なので、せっかく気持ちを込めて作成した自筆証書遺言が無効になってしまわないよう注意が必要です。

行政書士は、あなたのご要望をお聞きし、あなたにふさわしい遺言を遺すお手伝いをさせていただきますので、安心してご相談ください。

相続手続をしたい。

相続とは、亡くなった方の財産や権利・義務を引き継ぐことです。遺言書がない場合、法定相続人同士で法定相続分に応じて、または話し合って遺産を分けます。
通常、相続手続には、たくさんの調査や書類作成が必要になります。

・被相続人の親族の中で誰が相続人かを確定するため、被相続人の出生から死亡まで、また相続人全員の戸籍謄本を収集
・相続財産を確定するため、不動産や預貯金、株などの有価証券、また借金などの負債の存在を確認
・共同相続人で話し合い、どのように分け合い相続するか決定(遺産分割協議)

行政書士は、相続の相談を始め、手続に必要となる遺産分割協議書や相続人関係説明図、各種通知書等の書類作成、戸籍や遺産の調査を中心に、その後の預貯金や株、自動車などの名義変更手続などまで幅広くお手伝いします。

交渉において解決しなければならない法的紛議が生ずることがほぼ不可避である案件や、税務・登記申請業務については他の各専門家がお手伝いします。

>報酬料金表