今回は、
手順③会社の強み把握
(競争優位性と独自性の確立)
について解説します。

小さな会社は強みの上に事業を築き、
ニッチ戦略をとるべきです。

安定収益ビジネス構築手順③ 会社の強み把握(競争優位性と独自性の確立)
手順①②により、儲かるマーケット、
理想顧客の設定が完了しました。
その際、理想顧客の期待が何かを
押さえる事が重要であることが
わかりました。

次に行うことは、
理想顧客の期待に対し、
あなたの会社が120%の
結果を出せるかの検討です。

なぜ120%の結果が必要かと言いますと、
顧客を成功に導き、
感動や口コミ・リピートを
発生させるためには
100%の成功では足りないからです。

顧客が考える当然を
超える必要がありますので、
あなたの会社が
圧倒的に成果を出せる
強みに立たなければならないのです。

【あなたの会社の強みの見つけ方】

一番かんたんに見つける方法は
既存顧客に聞くことです。
何が顧客にとっての魅力なのかが
確認できます。

大切なことは、
安定収益ビジネスの対象とする、
理想顧客が期待する期待を
はるかに超えて大成功に導く、
あなたの会社の強みを
見つけるということです。

それにより
顧客に対しては独自性が、
他社に対しては競争優位性が生じます。

※個人事業の方で、
ご自身の強みがよくわからない方は、
強み発見のセミナーなども
開催しておりますのでご参加ください。

まとめ
顧客を120%満足させる
ことができる分野で
ビジネスを行いましょう。