こんにちは。木下賢一です。
影響力のあるパーソナルブランドを構築する上で最も重要なことの一つは、自分自身を専門家として確立することです。もっとも、多くの起業家はそれなりに専門家ではありますが、専門家であることと専門家として見られることは異なります。

その結果、実際には知識もなく成功していないにもかかわらず、巧みにパーソナルブランディングを行う方に、見込み客を奪われてしまうことがよくあります。不条理です。

そこで今回は、あなたの価値がしっかり伝わるよう、パーソナルブランドを構築することを考える上での4つの戦略をお知らせします。

【パーソナル・マーケティング実践編】長期的に安定収益を生み出す、あなたの事業に最適なマーケティングシステムの作り方をお知らせします。

今日から実践できる4つのパーソナルブランディング戦略
パーソナルブランディングの基本
まず、ブランド戦略を構築する上で押さえておくべき基本的なことをご紹介します。

1. 注目を集めるためには、忘れないようにする
これは取り組みやすいことです。何度も人前に出て、毎回確実に情報を提供していれば、あなたの評判は上がっていくでしょう。あるテーマについて会議で話している、プレスインタビューを受けている、Twitterで洞察を提供しているなど、一貫したあなたの行動がブランドを作っていきます。

2. あなたの状態ではなく、観衆の感覚がブランド
ほとんどの人は、パーソナルブランディングとは、ニュースに登場したり、できるだけ多くのステージで話すことだと考えがちです。パーソナルブランディングを行う際、実際にあなたをどのようにブランディングするかと考えるのではなく、あなたの観衆がどうすればあなたをブランドとみなすかを考えるべきです。なぜなら、あなたがブランド人であるかは周りが決定するからです。

結局のところ、あなたが権威者かどうかを決めるのはあなたではありません。それはあなたの周りの人の仕事です。プレスに取り上げられて権威を誇示するよりも、適切で本当に興味深いアイデアを、熱心な観衆(聴衆)に提供することこそが、真の権威をもたらします。

3. プライベートな交流も広報と同じくらい重要
個人のブランディングは、人々があなたをどれだけ専門家だと認識しているかに大きく関係しています。しかし、日常も重要です。包括的なパーソナルブランドプロセスが必要です。

あなたのパーソナルブランドを構築するための4つのステップ
これらの基本的なことを念頭に置いて、ここでは4つの実行可能なパーソナルブランディングの提案をご紹介します。

1.個人のウェブサイトを持つ
起業家は一般的に事業用ホームページを所有していますが、自分ブランド用の自分ウェブサイトを持つことも戦略の一つです。

誰かがあなたの名前を検索したときに、あなたのサイトがGoogleの最初のリンクとして登場することになるでしょう。さらに、あなたのサービス、仕事、証言などを統合することでオンライン上の自分を作ることができます。WordPressのようなツールを使えば、あなたのブログを作成することができます。WordPressのようなツールを使えば、あっという間に準備ができ、適切な種類のブログコンテンツと戦略を使えば、様々なことができます。

興味深い洞察を伝えることでフォロワーを獲得する。
リードジェネレーションのメカニズムとしてブログを活用して、オンラインでの露出を増やし、より多くのクライアントを獲得する。
時間をかけてオピニオンリーダーとしての信頼性を築く。
個人サイトをあなたに有利に機能させるには時間がかかりますが、中長期戦略として準備を整えることで大きなリターンを手にすることができます。

士業・経営コンサルタント、売れる!ホームページのつくりかた
2. ツイッターを活用する
情報の拡散性とコンタクトの容易さでツイッターはお勧めです。編集者も方も面白いネタがないかとよく巡回しています。価値ある投稿が多くの方の目に留まれば、それだけチャンスが発生する可能性大です。まずはこちらから価値を提供する。ツイッターの利用もぜひご検討ください。

3. 価値あるストーリーがあればそれも活用する
もしあなたが興味深く、価値のあるストーリーを持っていれば、聴衆を惹きつける可能性があります。人々はノウハウ以外に、背後の物語を好みます。「なぜ独立開業したのか」「なぜそれを行っているのか」その答えが魅力的であればあるほど、聴衆は喜びます。

4. パーソナルブランディングは顧客獲得より顧客維持戦略として用いる
顧客維持戦略というスタンスに立つことで、あなたは売名行為を行う日和見主義者ではなく、信頼できるサービスプロバイダーとして知られるようになります。結果新規顧客も増えます。多くの方の逆を行くのです。

まとめ
パーソナルブランディングは顧客獲得より顧客維持戦略として用いる