【建設工業新聞  1月 20日 1面記事掲載】

政府は19日、今後の国土強靱化施策に関する方針を決定したと発表した。決定したのは2021年度の国土強靱化年次計画の策定方針や、「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」(2021~25年度)の進捗(しんちょく)状況に対するフォローアップ方針など。21年度末までに全市区町村で強靱化地域計画の策定が完了するよう、財政面の重点的な支援策も継続していく。

政府は同日付で「国土強靱化の推進に関する関係府省庁連絡会議」を書面開催。関係施策の方針案を正式決定した。21年度年次計画の策定方針には、20年7月豪雨で新たに判明した教訓や、5か年加速化対策の進行具合などを踏まえ、必要に応じて新しい施策を追加。規制の見直しや税制活用による民間投資を誘発する仕組みの具体化も明記した。

5か年加速化対策の21年度分も事業費ベースで進捗をまとめる。6月上旬までの策定を目指す。