その20.顧客に魅力的な提案ができず、成約率が低い。

魅力は、感情に訴え、心を動かすものです。提案やプレゼンテーションの目的は、相手の興味や関心を引き付けること。だからこそ、提案内容が相手の心を温め、上げるものである必要があります。営業の場面では、コミュニケーションの技術やホスピタリティの精神が必要ですが、その根底には「相手の気持ちを理解し、上がる提案」があるべきです。

経営者自身が率先して、事業やサービスへの情熱を持ち、それを伝える姿勢が重要です。

【行政書士:創業融資・創業資金調達のプロフェッショナル】 1974年長崎県長崎市出身。長崎北高、久留米大学法学部卒業後、金融機関勤務を経て2003年に独立。長崎県内の中小企業創業支援に特化した「創業融資・創業資金調達」を展開。やさしく丁寧なコンサルティングはわかりやすいと評判。実践的指導に定評がある。