その7.問題社員を辞めさせたい

従来、問題となる社員の対応として、会社のルールや規則に基づき、退社を促す方法が取られることが多いです。しかし、単に問題行動のみにフォーカスするのではなく、社員とのコミュニケーションを深め、会社のビジョンや方向性に関する貢献や役割について話し合うことで、納得感のある結果を導くことができるでしょう。

キーとなるのは、会社のビジョンの明確化です。

【行政書士:創業融資・創業資金調達のプロフェッショナル】 1974年長崎県長崎市出身。長崎北高、久留米大学法学部卒業後、金融機関勤務を経て2003年に独立。長崎県内の中小企業創業支援に特化した「創業融資・創業資金調達」を展開。やさしく丁寧なコンサルティングはわかりやすいと評判。実践的指導に定評がある。