新型コロナウイルスに関する支援について

令和行政書士事務所に名称変更した理由

元号に秘められた願いとは?

改元に際しての内閣総理大臣談話にて、令和という元号に込められた願いが明かされました。令和という元号には【すべての日本人が成功するように】という願いが込められているのです。

厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたい、との願いを込め、「令和」に決定いたしました。」(改元に際しての内閣総理大臣談話)

私は「すべての日本人の成功」という言葉に強く惹かれました。

そして、そういう日本が実現するのであれば素晴らしいことだと思いました。さらにその実現の一助となることを仕事にできるのであれば、仕事をする意味が大きくなり、より一層の誇りが持てそうだと感じました。

【私もあなたも成功する、素晴らしい日本を作るお手伝い】
それをするのに最もふさわしい名前は令和であろうと思い立ちます。

そして、長年皆様に愛された四季行政書士事務所という名称から、令和行政書士事務所へ改名することを決意しました。

「全ての人に成功を。」

その思いで今日も明日も明後日も頑張ります。

以上が令和行政書士事務所に名称変更した理由です。

令和行政書士事務所
代表 木下賢一