⇒ 無料出張相談のお知らせ

顧客を絞り込むメリットとデメリット

顧客を絞り込むメリット

顧客を絞り込むことには、様々なメリットがあります。以下、詳しく解説していきます。

市場シェアの獲得

顧客を絞り込むことによって、狙いを定めた市場において、より高い市場シェアを獲得することができます。例えば、特定の地域や年齢層、趣味嗜好などの共通点を持つ人たちに絞り込みを行えば、その市場における競合相手が少なくなります。その結果、その市場での販売数や収益の増加につながり、市場シェアの獲得につながります。

製品開発の効率化

顧客を絞り込むことで、その顧客層のニーズや課題をより深く理解することができます。その結果、製品開発の段階で、その顧客層が求めるものをより正確に把握し、それに合わせた製品開発を進めることができます。これにより、製品の開発スピードや品質が向上し、開発コストを抑えることができます。

マーケティング活動の効果の最大化

顧客を絞り込むことによって、マーケティング活動の効果を最大化することができます。例えば、特定の顧客層に絞り込んで、その顧客層が利用する媒体やコミュニケーション手段を把握し、そこに集中的に広告を出稿することができます。また、その顧客層が求める商品の特徴を明確に把握し、それに合わせたマーケティング活動を展開することで、より高い効果が期待できます。

顧客満足度の向上

顧客を絞り込むことで、その顧客層のニーズや要望をより正確に把握することができます。その結果、顧客満足度を向上させることができます。顧客が求めるものを正確に理解していることで、顧客にとって本当に必要なサービスや製品を提供できるようになり、顧客が企業とのつながりをより強く感じ、継続的に取引を行うようになる可能性が高まります。


顧客を絞り込むデメリット

顧客を絞ることには、一定のリスクが伴います。特定の顧客層に絞りすぎると、市場が飽和してしまい、成長性が限られる可能性があります。また、新たなニーズに対応できないという問題もあります。こうした問題を解決するためには、常に市場や顧客のニーズに敏感になり、変化に対応できるような柔軟性を持ち続けることが必要です。

以下に、顧客を絞り込むことによって生じる可能性のあるデメリットをいくつか挙げてみます。

売上の減少

顧客を絞り込むと、売上が減少する可能性があります。特定の顧客に注力することで、他の顧客の需要を見落とす可能性があるためです。また、顧客を絞り込むことで、需要が減少した場合には影響を受けやすくなります。

競合との差別化の難しさ

顧客を絞り込むことで、競合との差別化が難しくなる可能性があります。類似の顧客に対して同じような商品やサービスを提供する場合、差別化ができずに競争が激化することがあります。

需要の変化に対するリスク

特定の顧客に絞り込む場合、その顧客層に特化した商品やサービスを提供しているため、需要の変化に対するリスクが高くなることがあります。例えば、ある業界が不況に陥った場合には、その業界に関する商品やサービスに特化している企業は影響を受けやすくなります。

新規顧客の獲得が難しくなる

顧客を絞り込むことで、新規顧客の獲得が難しくなる可能性があります。特定の顧客に絞り込んでいる場合、その顧客以外の顧客層に対してのアプローチが不十分になるため、新規顧客の獲得に苦戦することがあります。

リスクの集中化

顧客を絞り込むことによって、リスクが集中化する可能性があります。特定の顧客に対して特化した商品やサービスを提供している場合、その顧客が不況に陥った場合には、企業自体が大きな影響を受けることがあります。

以上が、顧客を絞り込むことによって生じる可能性のあるデメリットです。企業が顧客を絞り込む際には、これらのリスクも考慮し、顧客の特性だけでなく、市場のトレンドや流行、競合環境などにも目を向け、適切なバランスを取ることが重要です。


まとめ

顧客を絞り込むメリットとデメリットを理解した上で、適切なバランスを取るためには、以下の点に留意することが重要です。

  • ビジネスの規模や性質に合った絞り込み方をする: ビジネスの規模や性質によって、顧客をどの程度絞り込むのが適切かは異なります。小規模なビジネスであれば、より狭い領域に特化して顧客を絞り込むことができますが、大規模なビジネスであれば、より幅広い範囲の顧客を網羅する必要があります。また、競合他社の存在や市場の状況によっても、顧客を絞り込む程度は異なるため、ビジネスの規模や性質に合わせて、適切な範囲で顧客を絞り込むことが必要です。
  • 顧客のニーズに合ったサービスを提供する: 顧客を絞り込むことによって、よりニーズに合ったサービスを提供することができます。顧客のニーズに合わせたサービスを提供することで、より満足度の高いサービスを提供することができ、リピート率の向上や口コミでの拡散など、ビジネスの発展に繋がります。
  • 複数の顧客層を取り込むことでリスク分散を図る: 顧客を絞り込むことで、その分、一部の顧客層に依存するリスクがあります。このため、複数の顧客層を取り込むことで、リスク分散を図ることが必要です。例えば、新規事業を展開する場合は、既存の事業とは異なる顧客層を獲得することで、リスク分散を図ることができます。
  • 絞り込んだ顧客層に対して十分なサポートを提供する: 顧客を絞り込むことで、より顧客に対して十分なサポートを提供することができます。顧客層が特定されているため、その顧客層に特化したサポートを提供することで、顧客からの信頼度を高めることができます。
  • スピード感を持った対応を行う:顧客を絞り込んでいる場合、市場環境の変化に対応するためには、スピード感を持った対応が必要です。特に、競合他社が出てきた場合は、素早く対応することが求められます。そのためには、情報収集のスピードを上げることや、迅速な意思決定を行う必要があります。