⇒ 無料出張相談のお知らせ

顧客が求める価値を基準に顧客を分類する

はじめに

顧客が求める価値は、顧客満足度や顧客ロイヤルティを向上させる上で非常に重要な要素です。このため、企業は顧客が求める価値を正確に把握し、それぞれの顧客に最適なアプローチを提供する必要があります。本稿では、日本市場における具体例を交えながら、顧客が求める価値を基準に顧客を分類する方法について論じます。


顧客が求める価値の種類

価格

まず、顧客が求める価値には、価格や品質、サービスなどの要素があります。価格に関しては、日本市場においては、セールやキャンペーンなどのプロモーションが非常に盛んです。例えば、ファストファッションのUNIQLOは、低価格で高品質な製品を提供することで、広い層から支持されています。また、ディスカウントストアのダイソーは、100円という低価格で多彩な商品を提供することで、幅広い年齢層から人気を集めています。

品質

品質に関しては、日本市場においては、高品質な製品を提供することが求められています。例えば、日本の電気製品メーカーであるパナソニックは、高い品質と信頼性を誇る商品を提供することで、世界中で支持されています。また、日本の車メーカーであるトヨタは、品質に対するこだわりを徹底し、世界的に有名なブランドとして認知されています。

サービス

サービスに関しては、日本市場においては、丁寧できめ細やかなサービスが求められています。例えば、日本の百貨店では、お客様へのサービスに非常に力を入れています。商品の品揃えはもちろん、接客や包装、ギフトのラッピングなど、細かなサービスにもこだわりがあります。また、飲食店でも、お客様へのサービスに力を入れることで、リピーターを増やすことができます。

新しい技術やトレンド

以上のように、価格、品質、サービスといった要素に加え、新しい技術やトレンドなども顧客が求める価値に影響を与えることがあります。例えば、最近では、オンラインでのショッピングが一般的になりつつあり、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでもネット注文を受け付けるようになっています。また、健康や環境に配慮した商品やサービスに対する需要も増えています。


顧客セグメンテーションという考え

以上の要素を踏まえて、顧客を分類する方法として、顧客セグメンテーションがあります。顧客セグメンテーションとは、顧客を類型化し、それぞれのグループに対して最適なアプローチを行う手法です。顧客セグメンテーションを行うことで、顧客が求める価値を把握しやすくなり、顧客ロイヤルティを高めることができます。

例えば、あるファッションブランドが若年層をターゲットにしている場合、価格やデザインにこだわり、SNSなどのデジタルチャネルを活用することで、若年層にアプローチすることができます。また、ある飲食店が家族向けをターゲットにしている場合、子供向けのメニューやスペースを用意し、家族での来店を促すことができます。


顧客が求める価値に基づいて顧客セグメンテーションを行う

以上のように、顧客が求める価値に基づいて、顧客を分類することで、顧客ロイヤルティの向上や、効率的なマーケティング施策の展開が可能となります。日本市場においては、価格、品質、サービスなどが顧客が求める価値に大きく影響を与えていることが分かります。

例えば、価格に関しては、日本市場においてはコストパフォーマンスが非常に重視されています。高品質な商品であっても、価格が高すぎるとなかなか購入に至らない傾向があります。一方、品質に関しては、日本市場においては高い品質が求められます。特に、海外ブランドの商品に関しては、品質が高いことが前提となっています。

日本独自の特徴

サービスに関しては、日本市場においては丁寧な接客が求められます。顧客に対して親切で丁寧な接客を行うことで、顧客ロイヤルティを高めることができます。また、迅速な対応やアフターサービスの充実も、顧客満足度の向上につながります。

以上のように、日本市場においては、価格、品質、サービスなどが顧客が求める価値に大きく影響を与えています。こうした要素を踏まえて、顧客を分類することで、より的確なマーケティング施策を展開することができます。

ポイント

例えば、あるスーパーマーケットが、価格に敏感な顧客層をターゲットにした場合、セールなどの値引き施策を行うことで、価格に敏感な顧客を引きつけることができます。また、ある高級ブランドが品質志向の顧客層をターゲットにした場合、品質にこだわり、高品質な商品を提供することで、品質志向の顧客を引きつけることができます。


まとめ

  • 顧客が求める価値に基づいて、顧客を分類することで、より的確なマーケティング施策を展開することができます。
  • 顧客が求める価値を把握し、適切なセグメンテーションを行うことで、顧客ロイヤルティの向上や、効率的なマーケティング施策の展開が可能となります。