⇒ 無料出張相談のお知らせ

経営戦略を顧客視点で捉え直す

はじめに

近年、企業の経営環境はますます激化し、市場競争はますます激しくなっています。本稿では、顧客視点で経営戦略を捉え直すことが企業にとってなぜ重要であるか、具体例を挙げて説明します。


顧客視点で経営戦略をとらえ直す重要な理由

競争優位性の獲得

まず、顧客視点で経営戦略を捉え直すことが重要な理由として、競争優位性の獲得につながるという点が挙げられます。競争優位性とは、企業が競合他社よりも優れた製品やサービスを提供し、市場での地位を確立することができる状態のことです。顧客視点で戦略を立てることで、顧客のニーズや要望に合わせた製品やサービスを提供することができ、顧客からの支持を得ることができます。これにより、企業は市場での優位性を確立し、競合他社との差別化を図ることができます。

収益性の向上

次に、顧客視点で経営戦略を捉え直すことが重要な理由として、収益性の向上につながるという点が挙げられます。顧客のニーズに合わせた製品やサービスを提供することで、顧客からの支持を得ることができます。また、顧客満足度が高いと、リピート率や口コミによる新規顧客獲得率が上昇します。これにより、企業の売上や利益が向上することが期待できます。

リスクの軽減

さらに、顧客視点で経営戦略を捉え直すことが重要な理由として、リスクの軽減につながるという点が挙げられます。顧客ニーズに合わせた製品やサービスを提供することで、顧客からの苦情や不満を減らすことができます。また、顧客の声を聞くことで、新製品やサービスの開発方針を検討することができます。これにより、企業は市場リーダーに近づきます。


経営戦略見直しの方法

アンケート調査や顧客満足調査

例えば、オンラインショップを展開する企業が、顧客視点で経営戦略を見直す場合、顧客のニーズや要望を把握するために、アンケート調査や顧客満足度調査を行うことが考えられます。そこで得られた情報をもとに、商品のラインナップの見直しや、サイトの改善、配送方法の変更など、顧客満足度を向上させるための施策を行うことができます。

SNSの活用

また、コミュニケーションツールとしてSNSを活用することも有効です。SNSを通じて、顧客からの質問や要望を受け付けることができ、リアルタイムで対応することができます。また、SNS上での口コミや評価を把握し、改善点を把握することも可能です。

顧客との直接的な接触

さらに、定期的に顧客との直接的な接触を持つことも重要です。例えば、カスタマーセンターを設置して、電話やメールでの問い合わせに対応するだけでなく、顧客の声を直接聞くことができるようにすることも考えられます。また、イベントやフェアなどを開催して、顧客と直接対話する機会を増やすことも有効です。

以上のように、顧客視点で経営戦略を見直すためには、顧客とのコミュニケーションやフィードバックの収集が欠かせません。顧客のニーズや要望を正確に把握し、それに基づいて戦略を立てることが、企業の成長につながると言えます。


まとめ

  • 以上のように、顧客視点での経営戦略は、企業にとって重要な課題であり、顧客ニーズを正確に把握し、競合と差別化することで、顧客満足度の向上や事業成長を実現することができます。
  • 顧客視点を常に意識し、顧客との関係を深めることで、企業価値を高めていくことが重要です。