⇒ 無料出張相談のお知らせ

小さな会社のための事業戦略

顧客視点に立つ事業戦略


顧客視点に立つ事業戦略とは、顧客に価値を提供し、満足度を高めることにより、競合他社との差別化を図り、競争優位性を獲得する戦略です。

​​1.顧客視点に立つ事業戦略がなぜ必要なのか?

  • 効率的な経営を実現するため
    小さな会社は大手企業と比べてリソースが限られています。しかし、顧客視点での戦略を採用することで、大手企業と同じレベルのサービスや製品を提供することができます。
  • 顧客は企業の存在意義であるため
    企業は、顧客に商品やサービスを提供し、その対価として収益を得ています。つまり、顧客が存在しなければ、企業は存在しえません。そのため、顧客ニーズを正確に把握し、顧客の要求に応えることが企業の存在意義であり、競争優位性を獲得するために必要不可欠です。
  • 即時業績アップのため
    10年後を見据えた長期的戦略はもちろん重要ですが、小さな会社にとって重要な戦略は、1年後、いえ翌月、もっというと明日の売上を確実にあげる実践的な戦略です。なぜなら資金がショートすると事業を動かせなくなるからです。顧客視点に立つ戦略を策定し、実践することで即時業績アップが可能になります。


2.顧客視点に立つ事業戦略をつくるメリット

  • 売れる商品を開発できる
    小さな会社は、お客様とのコミュニケーションが比較的容易であるため、お客様の声に耳を傾け、顧客ニーズを把握しやすいという利点があります。
  • お金を使わず集客できる
    小さな会社は、お客様との関係性をより強く築くことができます。顧客との信頼関係を築くことで、お客様からのリピートや口コミの拡散を促し、企業の競争力を高めることができます。
  • 安心して眠れる
    売上が一時的にドカンと上がり翌月にはガクンと落ちる。その繰り返しでは安心できません。顧客視点の戦略を用いると長期的にビジネスを安定させる仕組みを作ることができます。


3.顧客視点に立つ事業戦略のつくりかた

  • 顧客を設定する
    LTV(長期にわたってお金を支払ってくれる)を考慮して、さらにあなたの商品やサービスを購入して「うれしい!」と言ってくれる人が対象顧客となります。なお顧客というのは、①見込み客→②顧客→③得意客という客レベルでの2番目にあたります。実際にあなたの商品やサービスを購入したことがある客のことを言います。
  • 目的を設定する
    顧客の目的を検討します。顧客は何をしたいのか、何を求めているのか、何を達成したいのか、目的をハッキリさせます。
  • 競合を設定する
    競合を決めるのは顧客です。顧客が購買しようとする際にあなたの事業所と比較する「すべての事業」が競合です。例:地域学習塾のライバルはYouTubeも入ります。なぜなら顧客の学びたいというニーズにこたえているからです。
  • 強みを設定する
    要するに選ばれる理由です。顧客が何かをしたいと感じたときにその他大勢からあなたのお店やサービスを選んでもらう根拠が必要です。その強みは凝縮すると3つしかありません。品質、人柄、提供方法。


4、まとめ

以上、顧客視点に立つ戦略の重要性、メリット、かんたんな策定法をお知らせしました。
わかりにくければお知らせください。丁寧にお答えします。