⇒ 無料出張相談のお知らせ

戦略は順番で決まる!

「あなたは誰を喜ばせているか」と問うことで、自社の提供価値が明確になります。
__________________
例①:飲食店経営
・お客様に、満足感や幸福感を提供
・食材の生産者や配送業者に、収入や信頼関係
・従業員や家族に、給与や安心感
・地域社会や環境に、貢献や配慮

例②:美容院経営
・お客様に、自信や魅力を提供
・美容用品のメーカーや卸売業者に、注文やフィードバック
・美容師やアシスタントに、教育やキャリア
・地域の商店街や観光客に、活気や魅力

例③:農業経営
・消費者に、健康や美味しさを提供
・種苗や農薬のメーカーや、販売業者に需要や信頼関係
・農協や流通業者に、安定した供給や協力関係
・農家仲間や家族に、情報交換や支え合い
・地域社会や環境に、保全や貢献

__________________
次に「誰をもっと喜ばせたいか」と問うことで、あなたの会社の方向性が明確になります。
例えば例③農業経営において「消費者」をもっと喜ばせたい時、どうすれば可能でしょうか。

次のようなアイデアがあります。
・品種改良や栽培方法の改善
・収穫時期や保存方法の工夫
・加工や販売方法の革新 など

これらの工夫は、消費者だけでなく、他の組織にさらなる影響や価値を与えます。
・品種改良や栽培方法の改善で、農薬メーカーなどとの関係を強化し、新技術を共有できます。
・収穫時期や保存方法の工夫で、農協や流通業者と信頼関係を高め、安定供給や品質管理を行えます。
・加工や販売方法の革新で、農家仲間との支え合いを深め、新市場開拓や収入源確保が考えられます。
・これらの工夫により、あなたの会社は地域社会や環境に大きな貢献や配慮を示すことができます。

__________________
以上のように「あなたは誰を喜ばせているか」から始まる2つの問いは、自分の提供価値を明確化し、事業のイノベーションを可能にします。ぜひ、この問いを自分の会社に適用してみてください。あなたはきっと、自分の会自分の会社が持つ可能性や魅力に気づくことができます。