⇒ 無料出張相談のお知らせ

言語生成AIで文章難易度を変えてみよう!

言語生成AIを使うと、文章難易度を自由に変更できます。以下「事業化の罠」という文章を使って実例を示します。
​_________________
(初級)
​事業化とは、ビジネスアイデアをお金に変えることです。事業化するためには、何をするかだけでなく、どうやって売るか、なぜその事業を行うのか、も考えないといけません。しかし多くの経営者は何をするかだけに気を取られてしまい、他の大事なことを忘れてしまいます。これが「事業化の罠」です。
​​
_________________
(中級)
​事業化とは、ビジネスアイデアを市場に投入して収益を得ることです。事業化するためには「What」だけでなく「How」と「Why」という問いに明確な回答を持つ必要があります。これらの問いによりビジネスアイデアに対する理解が深まります。しかし多くの経営者は「What」に固執し「How」と「Why」を見落としてしまいます。これが「事業化の罠」です。
​​
_________________
(上級)
​事業化とは、ビジネスアイデアを価値提案として顧客セグメントに届けて収益モデルを構築することです。このプロセスでは「What」だけでなく「How」と「Why」という問いから派生する以下の要素についても明確に定義する必要があります。
・顧客セグメント:それが解決する顧客のニーズや欲求
・価値提案:それが提供する顧客への価値
・チャネル:それが顧客に届く方法
・収益モデル:それが収益を生み出す仕組み
これらの要素により、ビジネスアイデアに対する仮説検証が可能になります。しかし多くの経営者は、「What」に偏重し、他の要素を軽視してしまいます。これこそが「事業化の罠」です。


いかがでしょうか?
文章難易度を変更することで、読者層や興味に合わせて内容を伝えることができます。